LPIC

はじめて学ぶLPICレベル1/レベル2

LPICの合格を目指す勉強法!

当サイトではLPIC受験にはじめて挑戦するという方に、資格の概要から勉強方法、オススメの講座などを分かりやすく解説しています。 

 

LPIは、Linuxの技術者の技術レベルを認定するため、特定のベンダーやディストリビューションに依存しない唯一のオープンな認定機関で、世界共通基準による中立的な試験を実施するLinux技術の認証団体が認定する資格です。

 

近年需要が高まってきている資格の一つです。

 

Linuxとは、無料で入手できるコンピュータのオペレーションシステム(OS)のことを言います。
無料で入手できるにもかかわらず、非常に信頼性の高いOSであるため、日本の企業の7割が導入しています。

 

Linuxは全世界の技術者や企業により無償で開発されており、その中身が公開されています。
ですから、webサーバーやメールシステム、その他様々な業務システムに利用されています。
ITの分野ではなくてはならない存在で、インターネット関連の企業では圧倒的なシェアを誇っています。
そのため、Linux技術者のニーズは高まっていると言えるのです。

 

 

  1. LPICレベル1
  2. LPICレベル2
  3. LPICレベル3

 

 

「LPIC」と「LPI」って同じもの?

よくある質問のうちの一つですが、初心者の方の中にはこの2つが混同されている人もいるかもしれません。

 

Linux技術者のスキルを認定する資格がLPICです。

 

LPICとは「Linux技術者認定制度」のことで、
カナダに本部があるNPO法人/Linux技術者認定機関「LPI」によって実施されています。

 

Linux技術者認定機関「LPI」

 

つまりLPICとは「Linux Professional Institute Certification」の略称で、特定非営利活動法人/Linux技術者認定機関「LPI」の実施する、Linux技術者認定試験という事ですね。

 

LPICは世界最大規模の認定制度で、国際的に認められている資格です。
Linux技術者としてのスキルをアピールするには大きな武器となるでしょう。

 

2011年10月時点の国内受験者数データ

 

国内累計受験者数:172,000人

 

国内累計認定者数:
LPICレベル1 ---- 43,000人
LPICレベル2 ---- 12,000人
LPICレベル3 ------ 4,100人

 

無料オンライン体験講座を受けてみよう!

 

LPICの講座探しで悩んでいる方へ当サイトがオススメする講座を一つご紹介しておきます。

 

eラーニングのLPI対策オンライン講座を唯一実施しているスクールで、
レベル1、レベル2の講座の無料体験も実施しています。

 

「動画・音声」を使った講座なのでテキストを読んで覚えるよりも、スムーズに頭に入ってくるので非常に理解しやすい内容になっていると思います。

 

興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

 

エルスクールのLPI認定試験対策講座

LPICのお役立ち情報

Linux系OSに関するよくある質問/教えて!Goo
パスを通す
2014年 07月 23日
[root@centos ~]# echo PATH=$PATH:/usr/local/tripwire/sbin >> .bashrc ; source .bashrc ← tripwire実行ファイル格納ディレクトリへパスを通す という作業を行ったのですが、しっかりとパスが通っているか確認したいです。 cat ~/.bashrc では確認できませんでした。 参考にしたサイト http://centossrv.com/tripwire.shtml 回答お待ちしております

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ